「ヱヴァンゲリヲンQ」今だからこその感想と考察。破で上げ、Qで下げたのはやっぱり意図的か【前編】

2019年7月7日

evaq35
 

本当に今更ですが、エヴァQの感想です。

破の感想は劇場版BD版2つを書いていたのに、そういえばQは書いてなかったんですよね^^;
理由はQの内容云々じゃなくて、単にその時期あまりブログを書いていなかっただけですw
 

まず当時の感想

evaq36
▲劇場パンフレット
 

で、映画ですが最初は面食らいましたね。

でも以前の破の感想でも書きましたが、破がエンタメ作品として素晴らしかったので、逆にQでは落とすんじゃないかと予想もしていたらその通りでしたw

まあ、庵野監督のことなので、Qの2部構成の前半ではそんな僕たちをどん底に落としてから後半で持ち上げるカタチにするのではないか、と思っていますw

▲以前の破の感想記事

そういえば元々Qは2部同時公開って言ってましたね。
 

世間の評価はやはり賛否両論。
破の反動やウソ予告があっただけにQは否の感想が多いのも仕方ないと思います。

 

でも自分としては先程のように、予想通り庵野監督やりやがったwと言う感じで否定的じゃないんですよねw
 

そもそも破が庵野監督としては珍しくエンタメ作品として面白かったのが、逆に意外に感じましたw
そしてQは昔のエヴァのように謎だらけで暗く、ちゃぶ台をひっくり返したまま…むしろ投げっぱなしの作品だったと思いますw

自分はもうそれが庵野監督の作風だと思っていて、それをどう捉えるかは各人の好みだと思っていますw
…ただ、それでも今回のQは斜め上の展開過ぎたと思っていますがw
 

●Q=旧のリビルド

自分の印象としては、Q=”旧”劇場版のリビルドと感じました。
(シンエヴァはシン→新として対)

その理由に、Qは旧シリーズと似たような展開なんですよね。
カヲルとシンジとの絡みがテレビ版終盤に似ている、旧劇場版でも出てきた巨大綾波の頭が登場。

旧シリーズ:
カヲルと会う→
ドグマでカヲルと弐号機が降下→
初号機と弐号機が戦闘→
カヲルの首→
サードインパクト発動・停止→
赤い地にてシンジ、アスカのみで終了

Q:(順番は多少違うけど)
カヲルと会う→
ドグマでシンジとカヲルが13号機で降下→
13号機と弐号機が戦闘→
カヲルの首→
フォースインパクト発動・停止→
赤い地にてシンジ、アスカ、黒波で終了

といった感じなんですよね。
 

改めて観ての感想

evaq33

evaq34

買ったBDを久々に見直してみました。
BDはサントラ付きでした。

そもそもエヴァQは2012年11月公開でした。
…もう5年前かぁ。
 

「巨神兵東京に現わる 劇場版」

観てみると、そうそう「巨神兵東京に現わる 劇場版」と同時公開されたんでしたね。

evaq01

こちらは上映時間を計ってみるとわずか10分。
シン・ゴジラに繋がったことも考えると…功績は大きかったでしょうね。

ちなみにシンゴジの第5形態は巨神兵ではないかという考察もあったりしますね。
もちろん真偽は不明で視聴者が想像の余地で楽しむしかなく、そうした解釈もまた面白いのですが、庵野監督の各作品でのテーマややりたいことに共通した部分があるように感じられます。
 

で、エヴァQ

evaq03

冒頭から360度グリグリ動くエヴァ3DCGは凄い。
ナディアの音楽がかかるのはファンサービスもあるんでしょうかw

この開幕6分は映画公開前に日テレで放送されたのでした。
シンエヴァでも何かやるのかなぁ。
 

evaq02

にしても、なんでアスカが旧劇場版の傷痕と同じか不明。
旧劇場版とのパラレル世界なのか、繰り返し起きている世界なのかなど、散々考察もされてますが、結局推測するだけの材料が不足しているんですよね、特にQはw

 

evaq04

evaq07

物語は始まり、何も説明しない大人たち。

冒頭からシンジ君は意味不明→それを観ている我々も意味不明。
破のQ予告で誰がこんな斜め上の展開を予測できるのだろうかw
 

evaq08

音楽がめっちゃカッコイイ。ナディアのノーチラス号のBGM!
破の新曲も大好きなんですけど、QのBGMは全般的に硬派でカッコイイ。

ゴジエヴァ交響楽に行って生演奏も聴きましたが、Qのエレキギターも良いですね。
【ネタバレあり】「ゴジエヴァ交響楽」感想。ファンサービス旺盛で目から汗が(´;ω;`)(1日目昼の部)

そういえばゴジエヴァ交響楽は年末にCD出るみたいです。

 

ヴンダー始めとする艦隊が出てきますが、何故これら艦隊が突如登場するのかを考えると、監督の好みもあるのかなぁとも感じちゃいますw
でも、これまでの世界観ではエヴァの世界に広がりがなくなってきているので、14年後にすればリセットじゃないけど新しい世界観を展開できるからかなと思っています。
カラー10周年の冊子にエヴァの今後の展開についても語られていましたし。この辺りは記事後編にも書きます)
 

evaq10

evaq09

さて、ヴンダーで使徒を倒して25分経過。
戦闘が落ち着いてようやく大人たちと会話すると
・シンジと初号機のシンクロ率は0%
・エヴァの呪縛がある
・綾波は消えてS-DATが残る

もう破の感動は何だったんだ!と感じさせられますよねw
 

evaq11

evaq13

こんな何も説明もしないブラック企業からは抜け出したくなりますよねw

あぁ、なるほど、社会風刺として表現したかったのか!←え
 

黒波とカヲルが登場。

evaq14

いつものラッキースケベ発動。
 

カヲルとのピアノの連弾という日常から、鈴原トウジの名前があるシャツを見てハッとするシンジ。
カヲルに真相を聞きます。

evaq15

evaq16

14年間の空白の説明。
つくづく破のラストの行動や感動は一体何だったのかw

庵野監督からすればしてやったり感なだろうなぁw
 

evaq17

evaq18

自らを人工的に進化させる儀式→人類補完計画と呼んでいた。

人類補完計画は何なのか、作中で名言されていますね(ん、新劇場版では初??)。
 

evaq22

S-DATの数字は28。
 

エヴァ13号機登場。

そもそもネルフには誰もゲンドウと冬月以外姿が見えませんが、誰が整備とか行ってるんでしょうかねぇ。
 

冬月と将棋を指すシーン。

evaq19

evaq37

過去の写真に映っている人物、マリに似ています。
→過去記事:後編【ネタバレあり】漫画「新世紀エヴァンゲリオン」全巻感想。マリの秘密、エヴァ本来のテーマとは

冬月のセリフ
・ユイは初号機に取り込まれている、制御システムになっている
・綾波も初号機の中に保存されている

作中で明言されました。

よく考えると「新劇場版」としてはココでちゃんと名言してるんですよね。
テレビ版から見てる人は分かることでも、ちゃんと新劇場版シリーズとしてココで名言、説明することは大事なことだなぁと改めて思いました。
(新劇場版しか見ていない人もいるだろうから)
 

evaq21

巨大綾波の首を見つめるゲンドウ。

カヲルからの真相、冬月との会話、黒波とのやり取りから精神的にまいっていくシンジ。
やはり大まかな展開も旧シリーズと似ている感じがします。
 

evaq32

redoのタイトル表示。

redoとは「やり直す」の意味。
Qは旧シリーズをリビルド、やり直すという意味にも感じます。

Qのシンジ君の名言「ヤリを使ってやり直す!
 

考察サイトでありますが、それぞれ旧シリーズ、新劇場版で(not)の有無(人物が取る選択)で展開が変わっているというものがありますね。
なるほどなぁ。

evachart
出典:http://www.i-mezzo.net/
 

evaq24

ロンギヌスの槍と
カシウスの槍←new!

また新しいワードキターw
(何処まで視聴者を混乱させるのかw)
 

evaq25

弐号機との対決。
ニューガ〇ダムよろしくファンネル装備の13号機。

槍がおかしいと異変に気付くカヲル、抜くのをやめようシンジ君と。
しかし言うことを聞かずシンジは独断決行。

結果、フォースインパクト発動(アチャー

大人たちは何も説明しないし、シンジは自分勝手w
…破のキャラたちの性格は良かったのにこの落差はすさまじいw

evaq26

evaq27

カヲル「これは君の望む世界ではなかった。縁があればまた会える」。

先程の選択肢やエヴァは繰り返しの物語のことを言っているんでしょうかねぇ。
 

ラスト。

evaq28

「助けてくれないんだ私のこと。また、黙ってる。」

旧劇場版のアスカを思わせるセリフですね。
 

●次回予告

evaq30

evaq31

「生きる気力を失ったまま放浪を続ける碇シンジ。
たどり着いた場所が彼に希望を与える。
ついに発動する補完計画。
ファイナルインパクト阻止のため、最後の決戦を挑むヴィレ。
空を裂くブンダー!
赤い大地を疾走する、エヴァ8+2号機!
次回、シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖
さぁーて最後まで、サービスサービスぅ!」
 

Q予告の前科アリ、もはや誰もこの予告を信じていないに一票w

でも勝手な予想(希望)ですが、シンエヴァは14年間の空白(Qのウソ予告)と、このシンの予告内容、両方を内包した作品になるような気がしています。

その辺りの個人的意見は記事後編に書こうと思っています。
 

また、シンエヴァ冒頭10分映像の感想や考察も書きました。
良かったらこちらもご覧ください。
【画像あり】「シン・エヴァ」冒頭10分映像の感想と今後の予想と考察【エヴァ】