【オススメ】Amazon Unlimitedで読んで面白かったマンガ5選。HOTMAN、ナナのリテラシー、志乃ちゃんは自分の名前が言えない、など

2019年4月8日

161223

2016年8月から日本で始まったAmazon Unlimited

カンタンに言うと、月額980円で特定の本が読み放題になるというものです。

Amazon Unlimitedとは
日本でもKindle Unlimited、月額980円の定額読み放題サービスを開始
書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上がお手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、
Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットで読み放題に

引用:https://www.amazon.co.jp/

少し前に騒動があり、Amazon側が想定していたよりも需要が多くて採算が合わないとのことで、Amazonが書籍や漫画を減らしてしまった、というようなこともありました。なので、ネガティブイメージを持っている人もいるかもしれません。

でも自分はAmazon Unlimitedは重宝しています!

月額980円で読み放題は、本を読む良い習慣になっていますw そして普段読まないジャンルにも気軽に手を出したりもできますし

さらにプライム会員だとKindleが約4000円で買えちゃいます。
自分はそれで読んでいますw

スマホだと画面が小さくて見づらく、目が疲れますし、低価格でタブレット端末が買えるならオトクだと思います。
移動中もスマホをダラダラいじらず(特にSNS関係)、Kindleで本や映画、ドラマ、アニメなど見るようになって時間も有効に使えていると思っています。
 

さて、前置きが長くなりましたが、Amazon Unlimitedで面白いマンガ5選です!

■Amazon Unlimitedで面白いマンガ5選

◇1. HOTMAN(ホットマン) 全15巻

「NINETEEN」、「B.B.フィッシュ」、「C」のきたがわ翔が描く、元不良で今は高校の美術教師をしている円造。父親の違う4人の姉弟たち。そして、円造の娘・七海の6人を中心に家族の絆や成長を描いた、TVドラマ化もされた全15巻コミック。

引用:https://www.amazon.co.jp/

週刊ヤングジャンプで1997年から2000年まで連載されていたマンガ。
元ヤンキーで現在は美術教師の主人公が、今はヘルシーオタクで娘の七海への溺愛ぶり、家族6人のストーリーが面白いです。

家族愛や成長を描いている作品です。

自分はリアルタイムで読んで、単行本も買っていました。反町隆史さん主演でドラマもやってましたね。

このマンガの前作の「C」もそうでしたが、作者は人間のコンプレックスを描くのが上手く、話や絵が上手いです。昔作者は少女マンガのアシスタントをやっていたらしく、なるほどという感じ。画風や作風がちょっと少女マンガっぽい片鱗もあるので、女性にも読みやすいと思います。

ただ、ちょっとセクシャルな部分もあるので、R-15的な内容でしょうか。でも今は少女漫画もすごいらしいようなので大したことはないですかねw

感動的なマンガでオススメです。

 

2. ナナのリテラシー 全3巻

電子書籍の未来がここに!
職場体験のため怪しげな事務所の門を叩いた女子高生・許斐七海。
突然目に飛び込んだ半裸の「天才ITコンサルタント」のもと、彼女は新時代のビジネスの真髄を知る!

引用:https://www.amazon.co.jp/

昔ファミ通で連載していた鈴木みそ先生の漫画です。

女子高生ナナがコンサルティング会社に職場体験で入り、その会社で織り成すITビジネスでの取り組みや業界の在り方が奇抜で面白いです。

1巻:作者の自伝のようなもので電子書籍ビジネス(マンガ業界)
2巻:とあるゲーム会社の新旧派閥(いわば老舗家庭用VSベンチャーソーシャルゲーム業界)
3巻はマンガの倫理表現(マンガのエロ表現など)がテーマ。

ルポ的なマンガで非常に面白く、3巻で終わってしまったのが非常に惜しまれる作品。

特にベンチャービジネスやIT関係、ネットや漫画、ゲームが好きな人にオススメです。

 

3. 限界集落(ギリギリ)温泉 全4巻

伊豆の山奥のさびれた温泉宿にたどりついたホームレスは、ゲームクリエイターだった。
コスプレイヤーのアユやたくさんのおたくを巻き込んで、限界集落の旅館街が元気を取り戻していくストーリー。
重いテーマに軽いタッチで挑んだ、社会派コメディ漫画。

引用:https://www.amazon.co.jp/

こちらも「ナナのリテラシー」同様、鈴木みそ先生の漫画です。

カンタンに言うと、田舎に流れ着いた七人のオタクによる地方活性化、町おこしストーリー。これもまた面白いです。

2010年頃の作品なので、今となってはちょっと古い内容の部分でもありますが面白いです。ラストの市長選立候補の演説シーンは涙腺が潤みました。

特に町おこしや地域活性化に興味、ITやオタク文化に理解がある人、地方&都会暮らしなどでの生き方に行き詰まりを感じている人などにオススメです。

 

4. 志乃ちゃんは自分の名前が言えない 全1巻

“普通になれなくて ごめんなさい”

ヒリヒリ青春漫画のマエストロが贈る、もどかしくて、でもそれだけじゃない、疾走焦燥ガールズ・ストーリー。
“自分の名前が言えない”大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?

引用:https://www.amazon.co.jp/

いわゆる“どもり”、吃音をテーマにした作品です。幅広く言うならば、コンプレックスを描いた作品です。

作者自身が吃音だったとのことで、まさに吃音はどういったものか描かれています。
「聲の形」もヒットしましたが、こちらも是非たくさんの方に読まれるといいなぁなんて思います。

ちなみに実は自分も子供の頃から吃音なのです(大人になってからは大分軽くなりましたけど)。なので、すごくその内容に共感できました。

ただ、自分の経験談でも分かりますが、特に吃音はフィクションのようにキレイごとに見える作品じゃないんですよね…。
身も蓋もない言い方をしていまうと、「耳が聞こえないけど美少女」といった健常者が幻想(偏見)を抱くようなものではないということです。
というのは、吃音はその言動を見ると挙動不審にも見えてしまうからです…。

吃音とはどんなものかという理解にも読んでみてほしい作品ですね。コンプレックスで悩んでいる方にもオススメかもしれません。

 

5. 学研まんが NEW世界の伝記1 スティーブ・ジョブズ 全1巻

[書籍版巻末資料は電子版では未掲載です]パソコンから携帯電話までIT革命をなしとげたスティーブ・ジョブズの一生を描いたオールカラーの学習まんが。

引用:https://www.amazon.co.jp/

タイトルどおり、iPhoneやiPodなど革命的な製品を生み出したスティーブ・ジョブズの人生を描いたマンガ

学研まんがということで小さな子供から読みやすく、大人の方にも軽く読んでみたり、流れを掴むのにオススメです。

異端児こそが天才であり、世の中を変えるというのが分かりますね。日本は横並び社会なのでイノベーションも起きづらいと思います。特に最近自分は、自分の人生は自分の好きなことをやり、楽しみ、その好きなことや個性を伸ばすことが、これからの時代の生き方なんじゃないかと思っていますw ドラマの逃げ恥11話感想にも書きましたが共通している部分ですね。

万人におすすめです。

 
 

以上、Amazon Unlimitedで読んで面白かったマンガ5選でした。
 

Amazonの読み放題でも面白いマンガや本があったりと、月額1000円くらいで利用できるならと非常に重宝しています。

また、プライム会員だと年間3900円(月換算325円)で動画や音楽まで見放題なのでこちらも重宝しています。
さらに商品発送も早くなったり、物によって送料かからないので(こちらが発祥ですけどw)。